最新!  底堅い鶏卵、鶏肉相場 鍋物需要などへの期待も(トップ記事-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計   JA全農たまご(鶏卵相場)   おくやみ 

2017年10月19日(木) 記事検索    過去の記事一覧 訪問者数 
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計

 マーケット
 JA全農たまご(鶏卵相場)
 農林水産省
鶏卵市況情報
 農林水産省
食鳥市況情報

 コミュニティー
 おくやみ


新聞購読の申し込み




食の安全

健康食品




























[PR] 翻訳・技術翻訳
トップ記事

底堅い鶏卵、鶏肉相場 鍋物需要などへの期待も
(2017.10.15)
  鶏卵=9月の鶏卵相場(M加重、月間平均)は、大手ファストフードチェーンのプロモーショ....

英国・コッブにもコンパートメント主義適用 動物検疫所が10月2日付
(2017.10.15)
  農林水産省動物検疫所は10月2日付で、英国から日本にブロイラー用ひなを輸出するコッブ・....

29年産飼料用米作付0.1万ヘクタール増
(2017.10.15)
  農林水産省は9月29日、平成29年産米の作付状況などを公表した。 主食用米の作付面積は137....

>> 過去のトップ記事





鶏鳴新聞のfacebookページを作成しました

【更新情報】

▼10月15日号の記事と、統計の「ひなえ付け羽数」「全国1世帯当たり家計調査」「鶏肉関係の輸入実績2017」「鶏卵関係の輸入実績2017」「鶏肉・鶏卵関係輸出実績2017」を更新しました(10月14日)

▼10月5日号の記事を更新しました(10月5日)

▼統計の「2017年の月平均鶏卵相場と食鳥相場」「2017年鶏卵相場予想一覧表」「2017年食鳥相場予想一覧表」「昭和60年以降の卵価の推移」「昭和62年以降の食鳥相場の推移」を更新しました(10月2日)

▼統計の「主要国の1人当たり鶏卵消費量」を更新しました(9月26日)

▼9月25日号の記事を更新しました(9月25日)




▼たまごのうた「たまごでげんき」(YouTube)

日本養鶏協会
日本食鳥協会



                           

     
           「カルスポリン」
       ホームページへようこそ!!


  アサヒカルピスウェルネス鰍フ飼料添加物
 「カルスポリン」のホームページの紹介です。
 フラッシュを使用したアニメーションにて「カル
 スポリン」をわかりやすく説明しています。
  飼料畜産関係の方には、技術情報、文献な
 どの専門情報を提供しており、幅広い皆様に
 「カルスポリン」について理解していただけま
 す。
  「カルスポリン」に関する詳しいお問い合わ
 せは、アサヒカルピスウェルネス且迫ソ事業
 部(電話:03−6412−3310、またはお問い合
 わせフォーム
)へ。



 
ニュース

地鶏・国産鶏の普及へ 鶏改良推進中央協議会開催
(2017.10.15)
  (独)家畜改良センター岡崎牧場(山本洋一場長)は9月28、29の両日、愛知県岡崎市の自然....

日本食鳥協会が地鶏・銘柄鶏セミナー 高品質鶏としての特性解明 
(2017.10.15)
  (一社)日本食鳥協会(佐藤実会長)は9月29日、愛知県岡崎市の自然科学研究機構岡崎コン....

十文字チキンカンパニー久慈工場の増設完成 1日9万羽の処理能力
(2017.10.15)
  鰹\文字チキンカンパニー(十文字保雄社長―本社・岩手県二戸市石切所字火行塚25)は10月....

>> 過去のニュース


 
特集

存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題
(2017.10.15)
  古くは古事記や万葉集に登場し、平安時代の書物にも肉の調理法が残されているウズラ。野生....

現代によみがえる『卵百珍』 国立情報学研究所と国文学研究資料館がレシピを順次公開中
(2017.08.25)
  国立情報学研究所(喜連川優所長―東京都千代田区)と国文学研究資料館(ロバート・キャン....

鶏鳴新聞2000号までの養鶏業界の主な動き
(2017.07.25)
  鶏鳴新聞は、昭和30(1955)年5月15日に「卵と鶏の新聞」として創刊され、今年7月5日号で2....

>> 過去の特集


新製品

家畜糞尿の臭気対策『デオマジックZ』 日本全薬工業が10月2日に新発売
(2017.10.15)
  日本全薬工業梶i高野恵一社長―本社・安積町笹川字平ノ上1−1)は、家畜糞尿の臭気を甘い....

ナベルがパック卵検査装置をリニューアル 進化版『PEC031』を新発売
(2017.10.05)
  潟iベル(南部邦男社長―本社・京都市南区西九条森本町86)は、2015年から販売を始めたパ....

家畜の伝染病予防に「無塩型弱酸性次亜塩素酸水」 アクトが「クリーンファイン」と「クリーン・リフレ」を開発・販売へ
(2017.10.05)
  冬季のマイナス35度Cの気温下でも高圧の薬品噴霧で消毒効果を発揮する『アクト式車両消毒....

>> 過去の新製品




ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は(株)鶏鳴新聞社に属します。