最新!  立ち上がる福島のいま=@福島レイヤー代表幹事・酒井裕之氏に聞く(特集-2018.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2018年04月26日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


兵庫のハシブトガラスからHPAIウイルス

2018.03.25発行
 環境省は3月6日、兵庫県伊丹市で回収されたハシブトガラスの死体からH5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)ウイルスが検出されたと公表。その後もハシブトガラスの死体から次々と同ウイルスが検出され、16日現在で34羽となっている。
 今冬の国内におけるHPAIの発生は、家きんでは1月の香川県の1例に収まっているが、野鳥では、昨年11月に島根県松江市のコブハクチョウとキンクロハジロ、ユリカモメの計7羽、今年1月に東京都大田区のオオタカ1羽からHPAIウイルスが確認されていた。
 厳しい寒波が緩みだした3月1日と2日に、兵庫県伊丹市で多数のハシブトガラスの死亡個体が回収され、県が実施した簡易検査でA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たため、鳥取大学で確定検査を行なった結果、3月6日にウイルスを確定した。
 現時点で環境省は、兵庫県伊丹市で大量のハシブトガラスの死体から連続してウイルスが確認されている原因を明らかにしていない。推測できることとして、H5N6亜型のHPAIウイルスに感染した野生動物(渡り鳥など)の死体をハシブトガラスが食べてHPAIに感染し、その後はハシブトガラス間での共食いによって感染が広がったなどの可能性が考えられ、家きん飼養者は引き続き警戒が必要だ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。