最新!  豊田通商がイセ食品に出資 イセグループは国内生産倍増へ(ニュース-2018.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2018年04月26日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


「ブロイラーは世界を救う」 駒井亨氏著

2018.03.05発行
 京都産業大学名誉教授の駒井亨氏が執筆した小冊子「ブロイラーは世界を救う」【写真下】が、このほど竃リ香書房(東京都千代田区神田司町2−7)から発行された。
 同書は駒井氏が「ブロイラーに関して総合的な解説書が見当たらないのを残念に思い出版した」もので、ブロイラーの起源から日本と世界のブロイラー産業の現状までを総括。さらにブロイラーの大量繁殖システムから経営システム、ブロイラー企業の現況などを簡潔に、分かりやすく解説しており、消費者への情報提供や従業員研修、学校教育関係などのテキストに最適だとしている。
 目次は、@ブロイラー(肉用若鶏)は世界を救うA増大する世界の鶏肉生産と貿易B日本で最も消費量の多い食肉は鶏肉Cアメリカの鶏肉生産・消費量は牛肉の1.5倍D日本のブロイラー産業E日本のブロイラー企業F日本のブロイラー生産者戸数は2360、年間産出額は3400億円(2016年)Gブロイラーの起源Hアメリカのブロイラー産業Iチキン・オブ・ツモロー(明日の鶏)コンテストJブロイラーの大量生産を可能にした鶏の繁殖力K全世界のブロイラー種鶏の大部分は少数の育種会社が供給L世界に普及するブロイラーの大量繁殖システムMアメリカ最大のブロイラー会社から世界で最も賞賛される食品会社に―タイソン・フーズ社―Nブロイラーで世界最大の鶏肉輸出国となったブラジルOブロイラーでアジア最大の食品会社に―タイのCPグループP鶏の病気はワクチンで予防Q進化するブロイラーの飼料R鶏肉を食べて疲れ知らずの健康体S地球に優しいブロイラー産業――の全20項目。
 A5判、40ページで、定価は600円+税。注文・問い合わせは木香書房(電03−3259−2881)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。