IEC京都会議の意義と日本の鶏卵産業の課題

国際鶏卵委員会(IEC、ティム・ランバート会長―事務局・英国ロンドン)が今年9月9日(日)から13日(木)まで、京都市の京都ホテルオークラで開く「IECグローバル・リーダーシップ会議」の招致にかかわった(一社)国際養鶏協議会の秋田善祺代表理事政策担当(㈱アキタ社長)に、京都会議招致の意義や準備状況、国際的な動物福祉(アニマルウェルフェア)の動向と日本の対応など、日本の鶏卵産業の課題について聞いた。
(詳しくは本紙をお読みください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。