最新!  鶏ふんを20%減らす配合飼料、採卵鶏用で開発 JA全農北日本くみあい飼料(新製品-2018.02.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2018年02月21日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵5氏、食鳥1氏にニアピン賞 平成29年の相場予想

2018.02.05発行
 平成29(2017)年の鶏卵相場(東京・M加重)は、東日本を中心にひなえ付け羽数の増加が目立ち、26年から4年連続で増加したものの、家庭向けの需要はほぼ横ばいで推移し、ゆで卵などの加工品や外食向けに小玉需要が増加したことから、年間では4年連続で200円台を維持し、前年を2円上回る207円となった。
 食鳥(チキン)相場(日経・東京、正肉加重)は、国内生産は微増にとどまり、輸入鶏肉も年前半は前年割れで推移する一方、消費は堅調で、特にむね肉需要の増大に支えられ、年間では、もも正肉加重は前年を5円上回る626円、むね正肉加重は同61円上回る316円となった。
 本紙では、毎年1月5日付の新年特集号で、業界有識者の方々に、その年の相場を占っていただいている。12人が占った29年の鶏卵相場については、東京鶏卵鰍フ工藤修平社長、丸紅エッグ鰍フ丸山雄司部長、潟Aマダ東京の天田雅伸社長、潟iカヤマエッグの中山真一社長、椛蜷ホ商店の大石正社長の205円が最も近かった。6人が占った食鳥相場については、もも肉で丸トポートリー食品鰍フ伊藤正和営業統括マネージャーの625円が最も近かった(むね正肉は実績を大幅に下回った)。
 本紙では、鶏卵の5氏とチキンの1氏にニアピン賞を贈呈しました。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。