最新!  鶏ふんを20%減らす配合飼料、採卵鶏用で開発 JA全農北日本くみあい飼料(新製品-2018.02.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2018年02月21日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成28年農業産出額 養鶏は3.3%減の8754億円 鶏卵5148億円、食鶏3606億円

2018.01.25発行
 農林水産省が去る12月26日に公表した平成28年の農業総産出額は、米や野菜などで需要に応じた生産が推進されたため、前年を4.6%上回る9兆2025億円となり、平成12年以降で最も高い水準となった。
 養鶏の産出額は前年比3.3%減の8754億円(農業総産出額に占める構成比9.5%)。
 このうち鶏卵の産出額は、鶏卵価格が下落(東京・JA全農たまごM加重は27年の228円から28年は205円で23円安)したため、前年比5.8%減の5148億円(同構成比5.6%)。
 食鶏(ブロイラーと採卵鶏の親めす)の産出額も、ブロイラー価格が前年を下回った(日経・東京のもも肉・むね肉合計は27年の975円から28年は876円で99円安)が、前年比0.6%増の3606億円(同構成比3.9%)となった。
 肉用牛の産出額は、と畜頭数が減少傾向の中で引き続き需要が堅調に推移したため、前年比7.3%増の7391億円(同構成比8.0%)。
 乳用牛の産出額は、生乳の取引価格が上昇したため、前年比3.6%増の8703億円(同構成比9.5%)。
 豚の産出額は、豚流行性下痢(PED)の影響から脱し、と畜頭数が増えて価格が落ち着きつつあるため、前年比1.5%減の6122億円(同構成比6.7%)。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。