最新!  日EU・EPA政府の影響分析 鶏卵『限定的』、鶏肉『なし』(トップ記事-2017.11.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月24日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


GAP取得チャレンジシステム ウェブサイトからも申請も受け付け

2017.11.05発行
 (公社)中央畜産会の『GAP取得チャレンジシステム』のウェブサイトが、8月31日から運用を始めている。
 『GAP取得チャレンジシステム』は、今年4月に発効した「JGAP【家畜・畜産物】」などのGAP認証取得の準備段階として、今年度からの運用が予定されていたもの。2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場や選手村で提供される、食品などの納入要件となる「持続可能性に配慮した調達基準(案)」では、グローバルGAPやJGAP家畜・畜産物などとともに、畜産物の納入要件を満たす認証の枠組みとして挙げられている。
 農林水産省も、畜産の国際競争力強化を図る観点から、JGAP認証やGAP取得チャレンジシステムなどを推進していく。8月末に同省が提出した平成沐N度概算予算要求では、「日本版畜産GAPの普及・推進に向けた審査員・指導員の育成」や「GAP認証取得」とともに、「GAP取得チャレンジシステムの普及支援」も目的とした、新規の「畜産GAP拡大推進加速化事業」3億2500万円が計上されている。
 GAP取得チャレンジシステムのウェブサイト(http://www1.jlia-gap.jp/gap/portal.html)は、中央畜産会のホームページや、グーグルなどの検索エンジンを経由して入ることができる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。