食の安全・安心の確保は144億円 厚労省の概算要求

厚生労働省は平成30年度予算の概算要求をまとめ、財務省に提出した。30年度予算の要求額は31兆4298億円(新しい日本のための優先課題推進枠2005億円を含む)で、29年度当初予算から2.4%(7426億円)増えた。
『食の安全・安心の確保など』に関する要求額は144億円(29年度127億円)。
このうち「残留農薬・食品添加物等の規格基準策定の推進」は14億円(29年度13億円)。
「HACCPの制度化などによる的確な監視・指導対策の推進等」(一部新規)は6億2000万円(29年度2億6000万円)。
「検疫所における水際対策等の推進」は①観光立国推進に対応した検疫体制の計画的整備(一部新規、一部推進枠)②輸入食品の適切な監視指導を徹底するための体制強化――で110億円の内数(29年度101億円の内数)。
「食品安全に関するリスクコミュニケーションの実施等」は①食品に関する情報提供や意見交換(リスクコミュニケーション)の推進②食品の安全の確保に資する研究の推進(一部推進枠)③カネミ油症患者に対する健康実態調査等の実施――で14億円(29年度11億円)。
『生活衛生関係営業の活性化や振興など』(一部新規、一部推進枠)に関する要求額は54億円(29年度41億円)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。