最新!  新表示基準、8月末にも施行 加工食品の原料原産地表示 完全施行は2022年4月(トップ記事-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月23日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


安心の日付印字確認機能付きエコたまラベルシューター ナベルがオプションで発売

2016.12.05発行
 潟iベル(南部邦男社長―本社・京都市南区西九条森本町86)は、今年7月に発売した「印字機能付きエコたまラベルシューター」【写真下】のオプションとして、印字した文字を確認できる『エコたまラベル検査装置 LCU010』を発売した。
 同社は、3月にパックとラベルを簡単に分別廃棄できる新しい鶏卵パッケージ方式のエコたま方式≠発表し、その方式を実現するラベルシューターを発売。また、7月に日付印字機能搭載機種を開発した。その際、多くの顧客から「印字した日付を確認したい」との要望が寄せられたため、印字確認方法などの検討や、フィールド試験などを行ない、このほど日付印字の確認装置が完成し、オプションとしての発売を開始したもの。
 特長は@便利なカレンダー機能(カレンダー機能を内蔵しているため、日付印字が更新されても再設定の必要がなく、入力ミスを回避できる)A信頼の文字認識精度(辞書内蔵型OCRを採用。印字された賞味期限などの「印字なし」「印字のかすれ、欠け、抜け」「印字の傾き、ゆがみ」「印字位置の大幅なずれ」などを高精度で検出し、瞬時に正誤判定する)。
 エコたまラベル検査装置LCU010の処理能力は、10個パックで時間当たり4500パック、6個パックで同7500パック。税抜き定価は100万円。
 問い合わせはナベル本社(電075−693−5310)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。