最新!  岩手県の食材使い復興地支援を支援 ローソンがオヤマやアマタケと協力(ニュース-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


先進的取り組みで“畜産”のイメージ変えるオリエンタルファーム 堆肥化促進システム「レスキュー45」導入

2015.04.05発行
 首都圏の「食」を支える国内有数の“畜産県”として知られる青森県だが、近年は環境規制の強化により、養鶏企業も様々な対応を迫られている。4月1日付で潟Iリエンタルファーム(本社・八戸市金浜中渡8−1)の新社長に就任した高野英夫さん(45歳)は、先進的かつ高度な飼養衛生管理に加えて、豊田通商梶i本社・名古屋市)が販売する堆肥化促進システム『レスキュー45』を導入。適切な堆肥化処理によって地域や職場の環境が改善し、飼料用米の増産や循環型農業に貢献する高窒素肥料の生産も実現しつつあると聞き、取り組みの経緯や現状などを聞いた。
 (詳しくは本紙をお読みください)



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。